月別アーカイブ: 2017年2月

ストレスがたまるダイエットはしない

私のポリシーは、「ストレスがたまるダイエットはしない」ということです。
ダイエットというと一般的に辛いもの、しんどいもの、そして我慢を強いられるもの…というイメージがありますが、そのような思いをすると結局ストレスがたまるだけ。

ストレスがたまってしまうと結果的にリバウンドしてしまうなどダイエットにとっては悪影響が出ることが予想されます。
それに何より、ストレスというのは健康にも美容にも良いことがありません。

ストレスが様々な病気の原因である活性酸素を過剰に発生させてしまうというのは、最近よく言われていることですよね。
なので、私はストレスにならないよう、大好きなお酒や甘いものも絶対に我慢していません。

お酒も毎日のように飲んでいますし、昼食後のチョコレートも毎日食べています。それでも標準体重を維持できています。

ただ、お酒を飲むときは高カロリーなおつまみを食べない、チョコレートも毎日100キロカロリー分程度にする…などのルールを設けています。

また、運動も楽しく取り組めるものを選んでいます。ちなみに現在はフィットネスクラブでエアロビのレッスンを受けています。

もしこれが1人で黙々とジョギング…だったら続かなかったかもしれませんね。
私の場合は運動がストレス解消法のひとつにもなっています。

楽しく取り組める運動を選ぶというのは、ダイエットにおいて本当に重要だと痛感している私です。

糸こんにゃくダイエット

一食置き換えダイエットを行なっています。今までいろいろ試しましたが長続きしませんでした。スムージーやチアシードなどもやはり満腹にはならないので辛かったです。

年齢とともに痩せにくくなり、でも食事を減らしたり抜くとリバウンドが怖いです。昼ごはんを糸こんにゃくを使い、冷麺のようにして食べています。

初めは半信半疑でしたが1週間で1キロ痩せました。便秘も解消され肌荒れも少しマシになりました。糸こんにゃくを湯がいてごま油と醤油、一味唐辛子少しかけて食べます。

上にキュウリやハムを乗せるのも良いと思います。一袋全部食べるので意外とお腹が満腹になり、満足感が得られます。

大好きなデザートも全て我慢するのは辛いので毎日少しだけご褒美で食べています。それでも少しずつではありますが痩せてきているので嬉しいです。

成果が出るともう少し頑張ろうという意欲が出ます。今まで近場でも車で行っていたのですが少し歩いて行ったり、エレベーターを使わず階段で登ったりと意識も少しずつ変わってきます。

一つ良いことを始めるといろいろと連鎖して生活リズムまで改善されました。糸こんにゃくから始まったダイエットが私の生活全てが変わり、健康的になりました。このまま目標の体重まで頑張ろうと思います。

私のしたダイエット

私は大学受験の間に約10㎏ほど太ってしまいました。受験を終えて久々に会った友人たちはみな、口をそろえて「太ったね」と言ってきました。

このままでではダメだと思い、受験を終えてから大学入学までの約1カ月の期間の間に元の体重に戻すこと、つまり-10㎏することを決意しました。

私が行ったダイエット方法の1つ目は、朝食は果物しか食べないというものです。果物はカロリーが低く水分を多く含んでいるため、低カロリーで満腹感を得ることが出来ます。

2つ目のダイエットは、水分は炭酸水しか飲まないというものです。炭酸水はシュワシュワの泡によって満腹感を得られるため、炭酸水を飲むと自然と間食、ご飯を食べる量を減らすことが出来ます。

3つ目のダイエットは、半身浴です。私はお昼ご飯を家で食べる前に半身浴をしていました。発汗作用のある入浴剤をお風呂に入れ、炭酸水を風呂場に持ち込み長時間半身浴してました。

4つ目のダイエットは、運動をするということです。昔にランニングを毎日しようと試みたんですが、まったく続かず。その原因はランニングの、走るだけという作業が退屈だったからだと考えました。そのため、私は競技として楽しみながら運動するためにフットサルを週に2日ほどやってました。

この4つの方法で、私は約1カ月で10㎏のダイエットに成功しました。

今までで一番お金をかけたダイエット方法

ダイエットのやり方は色々あります。お金を掛けずに出来るものから莫大なお金を掛けて挑戦するダイエット方法もあります。

私が今までの人生で一番お金を掛けたダイエット方法は、マンツーマンの加圧スタジオに通ったことです。
一回六千円しました。それを週に一度のペースで半年以上通ったので、総額いくら使ったのか考えると恐ろしいです。

しかしやはり高いお金を使ってるせいか、「何がなんでも痩せなきゃお金が勿体ない」という風に思えたので、加圧スタジオに通ってる最中はかなりストイックにダイエットに取り組むことができました。

食事も担当のトレーナーさんに何を食べたかチェックされるので、食べすぎないように注意しました。
家で毎日ストレッチと筋トレもしました。
そのおかげで六キロ痩せました。みるみる体重が減っていったので、とても嬉しかったです。担当のトレーナーさんも誉めてくれました。

定期的に水着姿で写真も撮られ、あちこちサイズを計られるので、前回からどのくらい痩せたのかも、写真を並べてトレーナーさんが教えてくれます。
これはかなりモチベーションが上がりました。

家で出来る効果的な筋トレ方法も丁寧に教えてくれましたし、高いお金を払っただけのことはあったと思います。

酵素の飲み方が参考になったので読んでおくと良いかもしれないですね。

ただ、やはり加圧スタジオを通うのを辞めてからは少し太ってしまいました。
維持するのが何よりも大変です。

部分痩せは可能なのかどうか?

人によって気になる場所というのは違うものですよね。
顔がすぐにまん丸になってしまう…という人もいれば、お腹がポッコリ出やすいという人、そして足が太いのが気になる…という人まで、本当に色々だと思います。

ちなみに私は、二の腕のたるんだ部分と背中の肉がとっても気になります。
気になるパーツを部分痩せしたい!というのは多くの人に共通する願いだと思うのですが、部分痩せというのがこれまた難しいんですよね。

私も二の腕痩せのためにありとあらゆる(?)努力をしているつもりですが、なかなか希望通りの細さにはなってくれません。

そんな私の今までのダイエット経験、そして私なりのリサーチから出た結論は、「部分痩せというのは限りなく不可能に近い」です(涙)。

ただこれはその部分だけを痩せるのが難しいということで、「部分痩せには前提として体全体を痩せなければいけない」ということなのです。

体全体が痩せるためにはやはり有酸素運動。ウォーキングや軽めのジョギングがベストです。
そう、振り返ってみると私が今までに一番痩せていた20代後半の頃は、ジムでの有酸素運動、そして二の腕などの気になる部分のマシントレーニングを行っていたのです。

なので、部分痩せをしたい、という人はなんとか頑張って有酸素運動をしてみてください。
ただ部分痩せのためだけの筋トレなどをするより、確実に効果がありますよ!